ブルゴーニュの走り書き

皆生トライアスロン、関西シクロクロス。通勤ラン、通勤バイクなんかも語っちゃえ!

(読書)21世紀の資本

f:id:kus110:20210117170155j:image

 

アキラさんオススメの「21世紀の資本

図書館で日本語訳本とマンガ本を同時に予約したんだけど、

先に日本語訳本が届きました。

手にとってビックリ。辞書みたいな分厚さ。

こりゃ、サピエンス全史の二の舞か?

 

読み進めて序章で断念。

なんせ300年分のデータを分析した700ページを超える長編ですから、

とても手に負えません。

 

要約すれば、

 資本収益率(r)が経済成長率(g)よりも大きければ、富の集中が生じ、

貧富の格差が拡大する。

過去300年は第1次世界大戦と第2次世界大戦の前後を除き、

常にrはgより大きく、格差は拡大し続ける。

 

これを説明するために700ページを費やしている訳で、私には要約の4行で事足ります。

 

経済成長も人口増加も望めない日本や先進諸国に於いて、

給与が自然に上がることは絶対に起こらない。

資産を持つものが更に裕福になるだけなので、手遅れになる前に資産を持ち

富める者のグループへ入れ!と理解しました。

 

 


f:id:kus110:20210117170150j:image

 

とはいえ、今は株高、金高、ドル安でバブル真っ最中。

2021年のうちに弾けるからそれを待ってからにするか?

それともドルを買い増しするか?

いや~、今のアメリカに将来を期待できる要素はゼロなんで、

とても買い増しする勇気はないわ。

為替、外貨預金は投資には向かないし、私にも合わないな。

突っ込んでるお金が少ないから損も小さいけど、

良い勉強代になってます。(塩漬けします)

 

ぼちぼち考えますわ。

 

 

上記レベルなら、Web検索で情報は得られます。

そこから少し詳しく、枝葉を足したのが今回ご紹介するまんが本。

たぶん9割の人は、まんが本の内容で充分だと思います。

 

話が脱線しますが、読みながら思い出したのが金持ち父さん貧乏父さん。

お金に仕事をさせてラットゲームから抜け出せってメッセージ。

どちらも投資の必要性を説いた名著ですね。

 

 

 

 

金持ち父さん貧乏父さんを読んだのは10年か15年前だと思うんだけど、

小遣い程度の投資から抜け出せないです。

必要と理解していても投資ができない。

向き不向き、好き嫌い、は人それぞれですね。

値上がり値下がりに一喜一憂してチャートとにらめっこするような投資が苦手です。

お金突っ込んで1年放置できるような投資って無いかな?