ブルゴーニュの走り書き

皆生トライアスロン、関西シクロクロス。通勤ラン、通勤バイクなんかも語っちゃえ!

ケトルベルの長所と課題

朝プールにも行く時間がなかったのでケトルベル

久しぶりにCaloline嬢の出番です

 


www.youtube.com

 

ケトルベルってロシアンスイングのように上半身を動かすメニューでも

ハムストリングや殿筋を使うことに気づいたので

今日は下半身を攻めてみました

 

スイム、バイク、ランとは違って10分もやれば筋肉痛です

されど10分しか動かないから痩せません

(60分持久系トレとの当社比)

ケトルベルとエンデュランス系のそれぞれの長所を生かして

組み合わせたら心臓に負担をかけず良い練習になりそうです

今後の探求テーマです

 

昨日のworkout

ラン6km

 

都内某所でサラリーマンのコスプレ

好天の日曜日にお勤めはツライね

ご近所だけど校内に入ったのははじめて

こんなところで青春時代を過ごしてみたかったです

 

f:id:kus110:20221127192148j:image

 

 

Black Fridayで大人買いと皇居迂回ラン

f:id:kus110:20221126192859j:image

 

目が覚めたら朝一でPC起動

Amazonブラックフライデーでお買い得品を物色

欲しいものリストの中から値下がりしているものを吟味して

9アイテムも買っちゃいました

 

買い物の前にギフトカードを2万円をチャージ

0.5%+0.5%のポイントバックがあるのでお見逃しなく

 

この3つは絶対やってからギフトカードをチャージしてね

Amazon.co.jp: 202211ギフトカードチャージキャンペーン: ギフトカード

キャンペーン期間中のお買い物でポイントプレゼント

Amazon.co.jp: クレジットカードでギフト券をチャージすると0.5%ポイント: ギフトカード

 

今回買ったものはこちら

 

USB タイプC 65Wチャージャー

    

パソコン(45W)も充電できるチャージャーを探していました

65Wタイプの中でも1000円ほど安くてレビューもまずまずだったんでこれにしました

ついでにAmazonベーシックのタイプCケーブルとGarmin用のタイプC用充電アダプターも購入しました

 

ノートPCに外付けモニターを接続していると標準装備のWebカメラは視点があわず

使いにくいし暗いのも難点でした

こちらも安かったので購入

 

冬は肌がかさつくのでこれまで長女オススメのローションをつかっていましたが

こちらはAmazonで抜群のレビューがついていたのでチェックしていました

お安くなっていたのでポチッ

 

夏用のサイクルグローブは消耗品です

こちらも欲しいものリストの中でBlack Fridayになっていたので購入しました

 

iPhone 14 proを注文してもうすぐ4週間

値上げされるウワサがあったので36回分割無金利で買いましたが

いまだに音沙汰梨

どうせ必要になるものだからとケースとフィルムを買っておきました

 

ここで終わるはずだったんですがVICTRINOXを衝動買い

Web記事でレビューが目に入ったんですが

雑に扱っても切れ味そのままってのが気に入りました

高3で買ったスイスチャンプは34年経過しても切れ味バツグン

これは間違いなく買いでしょう

 

記事ではトマトやパンも切れる波刃だったんですが万能に使える直刃のペティナイフ

キッチンが狭い我が家で活躍してくれることでしょう

 

雨があがった午後

皇居に向かってジョグ開始

今日はunder 120bpmでコントロールしてみました

 

走りはじめてびっくり

ハムストリングや殿筋が筋肉痛で張っています

前日のケトルベルのダメージですが

腕を使っているつもりが下半身をつかっていました

心拍数も上がらないし心房細動患者にはおすすめのトレーニングだと思います


f:id:kus110:20221126192849j:image

外苑のいちょう並木は大勢あつまって競うように写真を撮る人たちで賑わっていました


f:id:kus110:20221126192852j:image

 

皇居についたんですがいつもと違っていました

乾門の通り抜け期間は桜田門に入れずランナーは日比谷通りに迂回するルートになっています

皇居ってノンストップで走れるから魅力的なのに行政の担当者は非ランナーでしょうね


f:id:kus110:20221126192856j:image

 

迂回は任意なんでしょうけど和田倉門前を突破するランナーを2人ほど見かけて

残念な気持ちになりました

15:30には一部解除されたので皇居はナイトランをオススメします

 

f:id:kus110:20221126202101j:image

走り終えてデータをチェックすると自覚はなかったんですが

心房細動が出ていました

ランは控えた方がよさそうですね

 

昨日のworkout

ラン15km

Garminの筋トレ自動識別機能

f:id:kus110:20221125212309p:image

 

帰宅して腹ごなしにケトルベルを久しぶりに10分

終わった後に見慣れない画面がありました

 

おっ!メニューを自動で判別していますやん

いつから実装されたんだしょうね

 

判別精度はイマイチでマシントレーニングでチューニングしているのかな

 

ミスジャッジされたラテラルレイズはこんな動き

f:id:kus110:20221125212726j:image

 

まぁまぁ似てるかな

 

正解はこちら

1.ロシアンスイング
f:id:kus110:20221125212318p:image

 

2.アメリカンスイング
f:id:kus110:20221125212327p:image

 

3.4.片手スイング左右
f:id:kus110:20221125212335p:image

 

5.交互スイング
f:id:kus110:20221125212343p:image

 

これを2セット

 

実際には握力を使い過ぎて長母指外転筋がパンプアップ

広背筋や殿筋も使いましたよ

 


www.youtube.com

 

先週Namban Nightでやったコアトレの自動判別はこちら

プランクやシットアップなどコア中心だったんだけどほとんど判別できてないw


f:id:kus110:20221125212313p:image

 

この分野はApple watchに遅れをとっているけど巻き返すつもりなのか

もしくはやられっぱなしじゃないというアピールか

 

昨日のworkout

ラン6km

 

目覚ましのない生活のすすめ

 

オフィス出勤の日にはアラームをセットして7時に起きていますが

リモートワークだと業務開始の9:30までにスタンバイできればよいので

眠りたいだけ眠っています

 

10代なら昼間で目が覚めない恐れがありますが

50代なら8時まで眠ることができないので無問題です(かなしいね)

昨晩は途中で目が覚めてしまい1時間ほど起きていましたが

次に目が覚めたら8時前!

こんなタイミングでも遅刻することなく支障はありません

 

アラームなしで起きると無理矢理感がなくて目覚めが良いように感じています

 

昨日のworkout

バイク42km

 

今日は試しに120bpmでZWIFTやってみました

まずはペースパートナーD

しっかりペースコントロールしてAve. 86bpm

グループライドにも挑戦してみましたTour of Mkuri #6(B)

 

スロースタートで先頭を見送りグループができたところでツキイチ

ところどころ120bpmを超えるけど抑えに抑えて

心房細動が出ないように過ごしました

40位あたりをウロウロしていたはずなのに知らぬ間に20位の6人グループになってて

ちょっとした遊び心でラスト2.5kmからロングアタック

 

これがダメでしたね

一気に心拍数はねあがって170bpm超えちゃいました

たぶん心房細動です

幸い後遺症はなく心拍数は平常に戻りましたが今後はグループライドもレースも避けます

性格的に争うとムキになる自分にはリハビリにはならないですね

でも運動不足で急増した体重は元に戻って62.9kg

このくらいなら安全圏です

 

(不整脈)大病は決断力を試される

f:id:kus110:20221123185346j:image

 

発作性心房細動の手術に紐づいて様々な経験と気づきがありました

 

1.人の親切

 

専門医の診断と今後の手術について上司と同僚と個別に説明し

サポートをお願いした時のこと

専門医から運動は制限されていないので無理のない範囲で手術まで続けると

口にしたのが地雷だったようで同僚からキツく控えるように注意されました

彼女曰く

「常識的に有り得ない。ウォーキング程度にとどめるべき。静かに過ごしなさい」

とのこと

ケトルベルとか筋トレにしますと言っても耳を貸してくれません

自身の全身麻酔手術の体験を元に手術を甘く見るなという感じでした

その場はそうだねーとアドバイスを有難く頂戴しました

私を叱ってくれるのも私を思ってのこと

親切心です

 

でもね、専門医が心拍数が下がりにくく心筋に負担をかけないようにすれば

OKと言っているのに必要以上に運動を控える理由はありません

30年以上運動を続けてきた人間が突然休むと身体にかえって害を成します

心臓に別のストレスがかかり静養の弊害が生じます

ソフトランディングが賢明と考えての医師の判断もあるのかな

実際汗をかかないと夜中に目が覚めてトイレに行きたくなるしね

 

かつて半月板水平断裂を患った際も自己判断で膝の曲げ伸ばしを1週間ほど控えました

断裂しているのだから固定した方がよいという勝手な常識からの行動でした

医師や理学療法士に尋ねたところ医学的にはそんな必要はなく

返って可動域が狭くなってリハビリを長引かせてしまいました

当時の自分を大きく反省しています

 

私たちはコロナ禍の2年間で正しく怖がることの大切さも学びました

リスクを分析し過度に恐れない

なにかあったらどうするんだ病を患い

目黒のさんまのように殿の健康を心配するがあまり

さんまの旨味である油を落として小骨を抜いて

お門違いな対策で素材を台無しにする愚かさは落語の世界にとどめるべきです

 

運動しても良い、控えるべき

正反対のアドバイスを受けた時に自分に都合の良い方を採用したくもなりますが

一番効き目のあるアドバイスは経験者のもの一択です

 

同僚の気遣いに感謝します

 

2.家族からの親切

 

大阪府吹田にある国立循環器病研究センターは国内屈指の心臓の専門機関です

うちのマンションからも見えるくらい最寄りでここで手術するように

家族は強く望んでいました

 

手術前後の通院を考えると東京が便利ですが手術で不自由な身体で

家事はたいへんだろうと気遣ってくれるのです

そして万一の際はタクシーで駆けつけることができます

 

私は全身麻酔の手術なんて人生初

どれくらいたいへんなのか想像すらできません

加えてもって生まれた楽観主義

単身者で親族もいない人は自分でなんでもやらなきゃいけないし

入院中は看護師さんがいる

他のことで困ったらお金で解決すればよいと考えるのですが

根拠がないので自信がもてません

そこで知り合いのなかで一番最近に同様の手術を経験した

MRYさんにアドバイスを仰ぎました

 

氏のアドバイスは家族の介助は必要だけど自分でほとんどできるというものでした

最も困難なシーンは術後の傷がふさがるまで6~12時間動けないこと

この時そばに誰かいてくれたらお茶を飲める

傷が接着剤でふさがれば寝返りも打ち放題でトイレにも自分で行けます

介助してもらえると助かりますがこの程度なら大阪からわざわざ人を呼ばなくても

看護師さんにお願いできるレベルです

 

経験者からのアドバイスすべてリアルで興味深いものでした

 

・異常を自覚したのは同じペースで走っているのに脈が乱高下したこと

・だましだましやっていて持続性心房細動に悪化したこと

・洞結節の焼き方(バルーン冷却法を選択)

・心臓は完全停止させず数秒止めて処置してまた動かすこと

 復活しない時は即電気ショック

・術後は心臓が手術に驚いて不安定な挙動を起こすけど適応のための必要反応

・術後に精神的に不安定になること

・術後の出力は70%くらいに落ちること

 

こんな不安も予め想定できていれば迎え撃つ覚悟ができます

経験者に勝るアドバイザーはいません

 

話をもどして手術を東京と大阪のどちらで行うか

もし執刀医を変えるとなれば大宮まで行って紹介状を書き直し

国立循環器病研究センターのI上先生宛に予約を取り直して

問診からはじめることになります

加えて年末年始をはさみます

 

東京医大病院なら来週受診できます

この数日のロスが脳梗塞など致命傷につながりかねないので

最も優先すべきは迅速にカテーテルアブレーション手術までたどり着くことと

結論づけました

家族ももちろん同意してくれました

 

分からないことを未経験の人間が考えても埒があきません

相談する相手を間違わないこと

ここが一番大切です

 

 

昨日のworkout

スイム1.5km

ラン2km

 

専門医のアドバイスに基づき心拍数を上げ過ぎないように運動

スイムは身体が水平になるので血圧が低く抑えられるし

水冷効果で心拍数があがりにくので

上限150bpmにして100m x10をやりました

 

スピード練して大丈夫かって普通は思いますが

だらだら泳いでも速くなりませんしコントロールできる確率は高いし

自分で試してみなければ分かりません

 

7本目で150pmを超えそうになったので残り3本は流しました

不思議なものでがむしゃらに前を向いて泳いでいる時は

気づかなかったのですが腰が沈んでいます

今日はプルブイ無しですが付けていたら浮いているであろう高さに

腰が至っていないってことが分かりました

これまでは肺の浮き袋を乳首で水に沈める感覚で足を浮かせていましたが

もっと前に力点を入れた方が良さそうです

胸鎖関節(鎖骨と胸骨をつなぐところ)を底に沈めると私にはしっくりきました

今度はプルブイをつけて腰の位置を確認してみます

表参道IronmanランチとIronman chatting

f:id:kus110:20221122162806j:image

同じ表参道ではたらくAKBさん

お互い徒歩圏内なのにランチをするのは初めて

粉飴アスリートの集いでお会いしたのがコロナ前だから

随分とご無沙汰してしまいました

 

お互いの近況報告からKonaのことやら健康のことやらネタは尽きず

ノンアルコールなのに昼間から大盛りあがり

会議さえなければ夜の部にそのまま突入しそうでした

トップエイジとして何度も雑誌に登場している方が目の前にいて

ランチをご一緒しているなんて不思議な気分です

 

 

オススメはヘーゼルナッツの担々麺

麻婆豆腐と点心もいただきましたがどちらも美味

自由が丘の名店蔭山樓の味を表参道で味わえるなんて幸せです♪

 

 

そして夜は前日の発作性心房細動に関するポストに寄せられた

情報をいろいろと精査

そこでハッとひらめいたのがKonaつながりのこの方の顔

 

f:id:kus110:20221122231742j:image

 

知り合いの中で最も最近に手術をしたはずなのでメッセージを送りました

事情を汲んでくれて多忙にもかかわらずCallしようと提案してくださり

30分も私の相談にのってくれました

 

私は全身麻酔の手術がはじめてなので手術はもちろんのこと

術後の不便さも想像ができません

8年間一度も上京したことのない連れ合いが

介護休暇とってまで介添えしてくれると言ってくれるし術式を含めて

分からず困っていることを尋ねて全てクリアになりました

ついでに術後に練習を再開するための見極めポイントなんて情報も頂きました

かなり気の早い話ですけどまさにIronman chatting

なんでもかんでもIronmanをつけたら中山きんに君みたい(笑)

 

ほんとうに色々な方に支えていただいていることを実感する今日この頃

みなさまに感謝感謝です

 

昨日のworkout

通勤ウォーク6km

 

 

 

 

(不整脈)発作性心房細動を調べて分かったこととこの後のこと

f:id:kus110:20221121200933j:image

 

発作性心房細動の宣告を受けてから3日間

みなさんからたくさんの情報をいただきました

加えて役立ったのがYouTube

ネットで検索するよりも深くて濃い情報に辿り着くことができました

 

■長時間の激しい運動だけが心房細動の原因じゃない

 

一番の驚きが心房細動を患った原因が

長時間の激しい運動だけじゃないってことです

現代医学では今のところ発生のメカニズムを解明できていません

たしかにエンデュランス系のアスリートが普通の人より

8倍ほど罹患率が高いことはデータで示されていますが

日本には100~170万人もの患者がいるポピュラーな病気なんです

高齢になると罹患率は上がり80歳以上だと10%が患っているとのこと

とはいえアスリートが100万人どころか半分の50万人もいるはずがなく

総患者数に占めるアスリートの割合なんてたかが知れていてほぼノイズです

グレッグウェルチやデイヴスコットが不整脈を患ったことで

相関性を過度に意識していましたが運動歴のない人でも患う病気なのです

 

■まるで命のリレー

 

ご紹介いただいたDrはJTUメディカル委員会副委員長の村S先生で

数多くのトライアスリートをはじめとした選手の心臓を診察されている方です

さいたま市の大宮駅までは電車で約1時間

ホルター検査を受けた病院で紹介された日赤病院に行っていたとしても

待ち時間を考えれば大きな差はありません

 

一番大切なことは誰に命を預けるかってことです


f:id:kus110:20221121200930j:image

 

紹介状とホルター検査結果を渡し待つこと数分

問診して胸部レントゲンと心電図を行いました

ここでも陰性T波が計測され心房細動が日常的に発生していることを確認し

心肥大はないことからカテーテルアブレーション手術を勧めていただきました

 

執刀医の希望を尋ねられましたが特に知り合いの先生はいないので

村S先生が信頼するオススメの先生のご紹介をお願いしました

 

東京医大病院循環器内科の里M先生へご紹介いただくことになって本日終了

 

関西→さいたまから東京医大病院にリレーされ支えられている命

大切にしなきゃバチがあたりますね

 

カテーテルアブレーションの種類について

 

ネットで調べると心筋を誤作動させる電気を遮断する術式は2つあって

心臓の肺静脈周辺を焼灼する方法とバルーンをつかって

肺静脈を塞ぎ冷却する方法があります

どちらも発作性心房細動に使えるのですが使い分けやメリットについて質問しました

個々のケースによって様々で一概には言えないと前置きされましたが

バルーンは肺静脈に密着させることが難しいので焼灼が主流のようです

ただし焼灼とバルーンを組み合わせる術式もあるので

どの術式をつかうかは患者さんと執刀医次第のようです

 

■wahoo tickr fitの精度は高い

 

ホルター検査の時にいつも通りの生活ってことでZWIFTをやりました

Max197bpmを記録したのでエラー値かと思いきや検査記録では208bpmを計測

エラーじゃなかったんですね

 

■運動についてのアドバイス

 

手術まで心拍数の上がりにくいスイムならやってもよいか訊ねました

スイムに限らず運動は特段の制限がなく敢えて言うなら心拍数が高くなりやすいので

心筋が疲れることは控えるようにアドバイスもらいました

 

たしかに思い当たることがあります

先週水曜日のトラック練習

170bpmオーバーまで追い込んだんですが走り終わってからも中々心拍数が下がりませんでした

帰宅ジョグ(6'/km)でも150〜170bpmあって翌日は心臓が疲れている感じが残りました

 

 

なお細かな数値的指標はいただけませんでしたが

Ironmanペース(10時間以上動けるゾーン)を上限に考え

常時150bpmを超えないように続けようと思います

ってことは殆どの運動はOKってことです(*'▽')

心拍数が跳ねたら無理せず立ち止まるか歩くかしようと思います

 

男性更年期障害の治療にも影響なし

 

服薬している補中益気湯と過去に行ったホルモン補充療法どちらも

発作性心房細動には影響なく禁忌なしとのことでした

安心して治療継続です

 

昨日のworkout

ラン5km

 

年末調整の書類を出し忘れて会社まで幽霊出勤ラン

復路は原宿から大宮電車移動で休止して戻ってから帰宅ラン再開

早く帰宅できたので泳ぎにいこうかと思いましたがプール休館日

神様からの休みなさいメッセージだと都合よく解釈しました