ブルゴーニュの走り書き

皆生トライアスロン、関西シクロクロス。通勤ラン、通勤バイクなんかも語っちゃえ!

(半月板断裂温存療法)膝は進化する

f:id:kus110:20200213140300j:image

 

股関節痛の診察と兼ねて、私の膝の恩人 K口先生にお会いしました。

問診で、この5年の経過と2回の世界戦出場を叶えたことを報告し、

お礼を申し上げることができました。

 

先生は昨年定年されて、現在は故郷の徳島在住。

昨年10月から月2回だけ診察のために上京していらっしゃるとのこと。

そんな事情は全く存じ上げず、関節痛で信頼できる先生を真っ先に思い出して

すぐにお会いできたなんて奇跡です。

 

先生に完全復活、それ以上のお礼をお伝えできただけ今日は超ハッピーです。

 

(リンク)詳しい半月板断裂発覚と復活までの経緯はコチラ

scribbleofbourgogne.web.fc2.com

 

さて、メインの診察が終わって、

膝についてお尋ねしました。

 

「膝は順調に回復して正座ができるまで可動域が広がった。

現在自覚する不調はない。当時先生から膝蓋骨の変形が現れたら

スポーツ引退と言われた。今は大丈夫でしょうか?」

 

先生曰く、無問題。

膝は凄い関節で軟骨が無くなって膝蓋骨変形が生じているのに

現役でオリンピック候補でプレイしているバスケ選手がいる。

(この方はオペ3回、今年はオリンピックイヤーなのでケガに細心の注意払っているそうです)

膝を注意しながらスポーツする選手は、そのまま現役を続けられることが多い

とのこと。

 

この言葉、半月板や膝の故障を抱える全ての選手に教えてあげたいです。

バスケのように急停止や捻りがあるスポーツで

日本代表レベルで活躍できるなら、

ランニングやバイクの負担はわずかでしょう。

 

先生との再会を演出してくれた股関節痛に感謝!

 

ここまで全て良いこと尽くしですが、唯一残念なのは、

内転筋肉離れで全治2~3週間だったってこと。

 

とはいえ、痛みのないスイムとバイクは運動制限ないし

軽度なので2~3週間経ったら

ゆっくりジョグから様子見て走って良いってレベル。

診察も今回1回で完了。しばらく静かに過ごします。

 

昨日のworkout

バイク31km

ラン3km

f:id:kus110:20200213220118j:image

 

痛くなけりゃ練習してOKなので今夜もZWIFT 。

グループライドのCグループにしたんだけど、

所々ムキになって踏んじゃうんだよな。

内転筋が時々ヘンな感じするし、ヒヤヒヤでした。

もっと緩いライドで1〜2週間様子見なきゃ。